エギングに適したPEラインは何号がおすすめ?【0.6号はやめとけ】

エギング
スポンサーリンク

この記事では、エギングに適したPEラインの号数について解説します。

エギングにおけるPEライン選びは重要です。適切なPEラインを選ぶことで、アオリイカの釣果を向上させることができます。

エギングに適したPEラインは0.8~1号【結論】

エギングに適したPEラインは、0.8~1号です。

この細さのPEラインは、飛距離とライントラブルの両方のバランスがいい号数です。飛距離を気にしない場合は、1号が良いです。しかし、強度が1号より落ちます。

僕自身の経験から、この号数のPEラインで、毎年エギングに行った際に安定した釣果を出しています。

ネットでエギングのPEラインの細さを調べると、0.6号前後がおすすめ、と出てきます。

最近は、多くの釣り人が細いラインを使用する傾向がありますが、0.6号などの細いPEラインはおすすめできません。

その理由を詳しく見ていきましょう。

PEラインとは

そもそもPEラインとは何でしょうか?

PEラインとは、高分子量ポリエチレンラインのことで、ナイロンやフロロカーボンのラインに比べて細いのに強度があるのが特徴です。

また、ラインを張った状態で感度が高く、ロッドにあたりが伝わりやすく、エギングでよく使われるラインです。

細いPEラインの問題点

なぜ0.6号のような細いPEラインはおすすめできないのでしょうか?その理由は以下の点にあります。

切れやすい

細いPEラインは簡単に切れてしまうことがあります。特に大物を狙う際には頼りになりません。

PEラインは擦れに弱いので、細いと切れやすくなります。

エギを失いやすい

細いPEラインを使うと、エギが根がかりした時に回収できる確率が低くなります。

これはエギングの時間ロスになるので、釣果に悪影響を及ぼします。

ライントラブルが多い

細いPEラインは、絡みやすくライントラブルが多発します。そして、絡んだ糸をほどくことは困難です。そして時間を無駄にして、アオリイカの釣果が少なくなってしまう可能性があります。

釣りの楽しさを損ねる原因になります。

0.8~1号のPEラインのメリット

そこでおすすめなのが、0.8~1号のPEラインです。1号のPEラインには以下のメリットがあります。

ライントラブルが少ない

0.8~1号のPEラインは絡みにくく、ライントラブルが少ないため、ストレスなく釣りを楽しむことができます。

飛距離が出やすい

エギを遠くにキャストする際にも1号のPEラインは優れており、遠投が可能です。

強度がある

1号のPEラインは十分な強度があり、大物を釣る際にも安心感があります。

エギングは底を狙う釣りなので、擦れに強い太いラインの方が有利に働きます。

太いPEラインはアオリイカの釣果に影響しない

一部で太いPEラインがアオリイカの釣果に影響するという説がありますが、これは誤りです。

PEラインの号数がアオリイカの釣果に大きな影響を与えることはありません。

エギングは、適切なテクニックが重要です。

なぜ0.6号のような細いラインをすすめる場合があるのか?

なぜ一部のサイトで0.6号などの細いPEラインが推奨されているのか、その理由を考えてみましょう。

多くの人が使っているから

一般的には1号のPEラインがおすすめされますが、一部の釣り人は細いPEラインを使っているため、それに従っている可能性があります。

細い方が釣れそうな気がするから

細いPEラインを使用すると、アオリイカなどが警戒心を抱かずに食いつきやすいと感じる釣り人もいます。

しかし、実際には号数よりも様々なテクニックが重要です。

飛距離を出せるから

細いPEラインは軽く、遠投がしやすいと感じる人もいますが、1号のPEラインでも十分な飛距離を出すことができます。

実際に1号よりも0.6号の方が飛距離が出せます。しかし、投げる力でラインが切れる可能性があります。

そのため、少し加減して投げることになります。

しかし、1号の場合は切れることが少ないので、全力で投げれるので0.6号よりも飛距離が出せるのです。

釣具屋が儲かるから

細いラインを使うことで、エギやラインを失くしやすくなります。

おのずと、新しく買わないといけなくなるので、釣り具で商売をしている人にとっては、できるだけ細いラインを使ってくれた方が好都合なのです。

また、「細いラインの方が釣れる」と宣伝した方が売れるからです。

まとめ

エギングにおいて、適したPEラインの号数は0.8 ~ 1号です。0.8 ~ 1号のPEラインはライントラブルが少なく、飛距離も出せ、強度も兼ね備えています。

飛距離を出したい人は0.8号にしましょう。

多くの釣り人がこの号数を推奨しいるわけではありまんが、僕自身の経験から、この号数で毎年、安定した釣果を出しています。

0.6号前後の細いPEラインを使うことにこだわるよりも、正しいテクニックに注力しましょう。

タイトルとURLをコピーしました