「辰年!故郷への華麗なる帰還」を見た感想(DramaBoxランキング1位の作品)

「辰年!故郷への華麗なる帰還」を見た感想(DramaBoxランキング1位の作品)

この記事では、中国ドラマ「辰年!故郷への華麗なる帰還」を見た感想を書きます。

あらすじ

「辰年!故郷への華麗なる帰還」のあらすじは、次の記事をご参照ください。

「辰年!故郷への華麗なる帰還」を見た感想

この作品を見て感じたことは、社会的地位や富が人々の態度に与える影響について考えさせられるものでした。

全国トップレベルの大企業「万安グループ」の会長である林安が自分の正体を隠して蘇瑶と結婚するという設定は、物語の緊張感を高めます。

3年後、林安が蘇瑶の実家を訪れる際に自分の正体を明かそうとする場面は特に印象的でした。高価な手土産や200万のお年玉の小切手という豪華な贈り物を通じて、彼の真の身分が明かされる瞬間は期待感を高めますが、それに先立つ彼への理不尽な侮辱が胸を痛めました。

林安の正体を知っている者が誰もおらず、彼が無能で貧乏で見栄っ張りだと侮辱されるシーンは、社会的地位が人々の評価にどれほど影響するかを強調しています。特に、親戚や周囲の人々が彼に対して抱く偏見や先入観が強く表れています。

最終的に、万安グループの社長の登場によって全員が林安の正体を知ることになり、物語は丸く収まりますが、その過程で彼に無礼なことをした人々が厳しい罰を受ける展開は、ある意味でカタルシスを感じさせます。

これは、社会的地位や権力の重要性を強調しつつも、身分に関わらす、誰に対しても敬意や礼儀を持つことの大切さを教えてくれる作品だと思いました。

全体として、この作品は、視聴者に強い印象を与えるとともに、人間関係や社会的地位について深く考えさせられるものでした。

タイトルとURLをコピーしました